news

何をCNCの科学技術の規模は機械で造っているか。

April 14, 2022

1) プロセス部品の外の円

 

外側は基本的な機械化方法である。機械で造るCNCの間に回転用具が取付けられ、バイト ホルダーから伸びる部品は短いべきである。ハンドル1-1.5倍一般に以下。旋盤の用具は工作物の軸線と同じ高さバイト ホルダーは工作物の軸線べきである。約縦、従ってあなた回転は用具の角度を保障できる。機械で造るCNCの間に工作物のための据え付け品は一般に3顎のチャックおよび4顎のチャック、版等含んでいる。機械精度はIT13-IT6について達することができる。

 

CNCの機械化

 

2) 部分の穴のプロセス

 

ほとんどすべての標準外カスタマイズされた部品に穴および盲目穴を通して穴が、滑らかな穴、通された穴のような、ある。ドリル、リーマーおよび他の用具は機械化の旋盤のこれらの穴を機械で造るのに使用し穴を機械で造るのにまた内部の穴回転用具が使用することができる。機械旋盤の部品の定位置正確さを保障するのに工作機械の正確さが使用することができるように部品の端の表面そして外の円はできるだけ締め金で止める1つで処理されるべきである。

 

CNCの機械化

 

3) プロセス部品は表面およびステップを終える

 

旋盤はステップを処理するとき旋回ボディの端の表面そしてステップの処理のために、締め金で止めるのに通常チャックが使用され、工作物を置くために、外の円のサイズおよび端の表面の位置を考慮に入れることは必要である。ステップのサイズは別の旋盤の加工の技巧によって実現される必要がある。